月別アーカイブ: 2013年5月

巨人沢村、不振の原因はウェートのやりすぎか

>(ウエートで体を鍛えると)ひねる動作がやりにくいからリリースが安定しない。真っすぐが抜けてスライダーが引っかかる

http://www.daily.co.jp/baseball/2013/05/31/0006036347.shtml

 

巨人の沢村投手が思ったような活躍が出来ず、苦しんでいるようですが、その理由というのはウェートのやりすぎだと言われているようです。

 

沢村投手は確かに昨年よりも体格ががっしりして、パワーが増したような気がしますけど、体のしなやかさが減ったり、ピッチングフォームが安定しなかったり、デメリットも大きいようです。

小笠原道大、フルスイングを捨てた方がいい

>その時の言葉は「いいかげん年を考えて力を抜け!」の一言だった。山崎はその言葉を理解し復活した。

http://news.livedoor.com/article/detail/7718952/

 

巨人の小笠原道大選手がかつての姿から見違えるほど衰えてしまいました。

 

ここの所はレギュラーで出場しているようですけど、もうかつての頃のミート力は見られません。

 

視力が衰えているという指摘もあるようですが、こちらの記事には力を抜いた方がいいのではと書かれてあります。

 

小笠原選手と言えばフルスイングが魅力ですけど、年齢のこともあり、もっと確実にミートできるスイングをすればいいのにという意見でした。

サヨナラヒットの川崎宗則が地元で愛されてる

>地元記者には「やりました! ハグ・ミー!(抱き締めて)」と応えて爆笑をさそった。

http://news.livedoor.com/article/detail/7712635/

 

川崎宗則選手が地元で愛されているようですね。

 

先日サヨナラヒットを放ち、話題を呼びましたけど、地元のファンにもマスコミにも持ち前の明るさを前面に出しているようで、それがまた愛されている秘密なのだとか。

 

またお辞儀のこともそうでしたけど、妙に古風な日本人っぽいところもあって、アメリカ人には受けが良いのでしょう。

ニクソン51-30フィフティーワンサーティまとめ

ニクソン51-30シリーズをまとめました。

ニクソンの51-30はニクソンの中で最も人気のあるシリーズです。

 

直径がなんと51mmもある迫力のビッグフェイスに
300mの防水がついたモデルで
腕元が個性的になりますよ。

 

 

(画像転載厳禁、見つけ次第法的処置とります)