月別アーカイブ: 2014年7月

松坂大輔、抑え転向か

>先発ローテーションからブルペンに配置転換された。ESPNが「マツザカはブルペンで働くことになる」と報じている。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9060227/

 

松坂大輔投手が抑えに転向するかもしれないという話があるようですね。どうやら松坂投手は先発から降格か配置転換等形を強いられることが濃厚のようです。これには契約の問題や調子の問題や色々あるみたいなのですけど、抑えなら花形の職業だし、いいじゃないですか。まあ、手術したひじの具合が心配ではあるけど、上原投手のようにメジャーを代表する抑え投手になってほしいと思います。

 

 

 

香川真司、W杯GL敗退で休めた

>テレビ各局は出演依頼すらできず、企画はお蔵入りとなった。こうした状況があり、オフのスケジュールに余裕ができたというわけだ。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9056119/

 

香川真司選手が意外と休めたとここ数日間を振り返ったようです。というのもW杯後にテレビの出演の予定があったのですが、GLで敗退したためにその出演のほとんどがおじゃんになったとか。それはそれで怪我の功名といいますか、オフの期間が取れたということのようです。少し疲れもあったみたいですから、今回の休息を生かして、マンチェスターでいいプレーを見せてほしいなあと思っています。

 

ゾンネ財布の評判は?

ゾンネの財布というのをご存知ですか?

ゾンネとは太陽を意味する言葉ですが、そんなブランドがあるのです。

どんな商品がラインナップされているのかというと、質のいい革製品です。

特に財布は人気があり、ファンを確実に増やしているブランドなんです。

そんなゾンネの評判をまとめてみました。

ゾンネの財布の良さは、革の質。使えば使うほど味が出てくるという評価が多いようです。

革製品の良さというのはこういう味だと思うので、そういう意味ではとてもいいブランドなんじゃないでしょうか。

もう一つはシンプルなデザインの良さ。

ゾンネの財布には「飾る」という感じが一切ないという評価がありました。

外見を気にするようなファッション性でなく、内面から湧き出てくるような良さを醸し出す、そんな良さがゾンネの財布にはあります。

飾るのが好きではない方、苦手な方に特にいいブランドかもしれません。

使えば使うほど味が出るゾンネの財布をぜひ試してみて下さい。

ゾンネ財布専門店はこちら

田中将大、故障者リスト入り

>田中将大投手(25)が右肘の炎症のため15日間の故障者リストに入ることが9日(日本時間10日)、球団から発表された。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9027093/

 

田中将大投手が故障者リスト入りしたそうですね。田中将大投手と言えば、現在すでに12勝を挙げていて、このままタイトルを取りそうな勢いでしたが、やはり日本のボールとアメリカのボールが異なることがひじに負担をかけてしまったのでしょうか。日本人投手はアメリカにわたると故障する率が高いですよね。これに田中投手もやられてしまったということでしょうか。ともあれ、ヤンキースにはかなり痛い田中投手の故障でしょうね。

柿谷曜一朗、バーゼル移籍決定

>残念なのは、自分の口でサポーターに伝えられなかったこと。もう少し(移籍発表の)方法がなかったのかなと。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9019074/

 

柿谷曜一朗選手がスイスのバーゼルに移籍するようですね。バーゼルはヨーロッパのチャンピオンズリーグに出場権を持っている強豪。スイスはそんなにレベルが高いリーグではないにしろ、柿谷選手にとっては初海外でいい腕試しになるのではないでしょうか。しかもワントップでレギュラーでの獲得であることが確約されているようです。ここで活躍をして注目を集めて、ヨーロッパの名だたるチームに移籍をするという夢をぜひ実現させてほしいですね。

思ったほど早くない大谷翔平のボール

>4試合連続で160キロをマークするなど、日本最速となる162キロも目前。はたして、対戦した打者は「投手・大谷」についてどう感じているのだろうか。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9001645/

 

日本ハムファイターズの大谷翔平投手が160キロを計測する速球を投げたようですが、対戦した打者たちはどのように思っているのでしょうか。意外と早くないという風に言っている打者が多いようですね。140キロぐらいかなと思っても、150キロを計測していたり、打てないボールではないというのです。そういえば140キロにも満たない急速でも速く感じたり、野球選手の感覚では球速と感じる速度は全然違うようですね。まだまだ大谷翔平選手は進化の余地がありそうです。

小倉隆史氏が示す、日本はW杯ベスト8の力がある

>サッカー解説者の小倉隆史氏は、W杯ベスト8入りしたコスタリカと日本のレベルが同じであるとも取れる発言をした。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/8998669/

 

W杯決勝トーナメントの一回戦でコスタリカ対ギリシャというのがありましたが、この両方のチームと日本は善戦しているんですよね。コスタリカには勝利してますし、ギリシャには引き分けでしたけど、ほぼ勝ちという戦いぶりでした。日本代表はここに入り込む余地が全然あったと小倉氏は語りました。私もそう思います。日本代表はW杯8強に入る力があったと思うので、あんな結果でブラジルを去ることになってしまったことが悔やまれます。

 

コスタリカがPK戦を制し8強

>コスタリカは後半アディショナルタイムに1―1の同点に追いつかれたものの、PK戦の末、ギリシャを下し初のベスト8進出を決めた。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/8990974/

 

コスタリカがPK戦でギリシャを下してベスト8進出を決めたようですね。コスタリカはイエローカード2枚で退場者を出し、数的不利の状態でした。しかし、延長戦もしのいでPK戦に突入。コスタリカは5人全員がゴールを決めて、勝ち上がりました。ギリシャも善戦しましたが、決定力不足が否めません。日本戦の反対ですが、数的有利を生かせず、最後まで逆転することはできませんでした。しかし、いい試合でした。コスタリカには頑張ってほしいですね。